【賞レース】キングオブコント(KOC)2018は準決勝から見たのでいまさら勝手に振り返る〜20代若手時代の到来

日テレの24時間テレビがやっているようですが、芸人さんたちがTwitterで出演を呟くまで全く気づきませんでした。

24時間テレビの魅力ってなんだろう・・・。

きっと私は偏った情報と世界にいるのだと思いますが、こうやって各自それぞれの情報世界がある時代なので、世界が分裂していく感覚にもなります。

さて、勝手に3年分のKOCを振り返ってましたが、2018年は準決勝二日間赤坂BLITZで観戦できた年だったので、より思い入れがあります。

準決勝の32組近く見て、びっくりするぐらい全員面白くて、日の目を見るのがほんの一部かと思うと、なんて厳しい世界なんだとショックを受けるほど楽しかったです。

準決勝を見た感想としては、さらば青春の光とマヂカルラブリーは安全圏にいたと思うので決勝進出して一安心。

なんで通らなかったの!?は、空気階段ですね・・・あのウケ量と面白さで通らず、他の組が優先されたのは、

吉本ばっかりになっちゃうから?バランス?2人がTV向きではない?w、

とか勘ぐってしまうほど。ニッポンの社長も会場ウケは十分だったはずでした。

ジャルジャルは1日目のネタがすごくよかったのに、2日目に大きく失速して「難しいかも」と思ってしまい、やっぱり2日間見ないと分からないと改めて実感もしました。うるとらブギーズも確か2日目の方が良いパターン。

ちなみにチョコプラも同じく2日目に失速したのですが、鮮明に残る1日のネタでギリギリ行けたかもなーって思えたのがジャルジャルとの違い。最早記録に残る失速レベルでイジられてますがw。

かが屋は今ほどまだ話題になっていなかったですが、当時私は笑うというより「忘れられない」ネタっていう印象で。今でも準決勝ネタは二本とも、くっきり映像で記憶できていて、何かしらビジュアル的なパンチが利いた動きや演技力が群を抜いているのだと思います。今年最有力候補ですね。

個人的には阿佐ヶ谷姉妹とか好きでした。元々劇団員なだけあって、舞台が強かったのと、単純に私のツボです。相席スタートは実力十分ですが、ネタが好みではないのでいつも横に置いてしまいます涙。

そして2018年はルールが大きく変わり、

決勝進出者がシークレット企画になり発表されず。

なんでよ!芸人さんのキャリアにとっても大事なのに!

これまでファイナルステージ進出数が5組から3組のみへ

なんでよ!早めに脱落者出ちゃうし、大事なネタがお蔵入りになっちゃう!

ばかばかー!

TV企画的にありなのかもしれないですが、日の目を見たい芸人さんとネタたちを彷徨わせるルールで、お笑いファンとしては辛いルールです。

今年元に戻してくれないだろうか。

ねえ。

ファーストステージ おじさん達の中でぶっちぎりのチョコプラと追いかける新生ハナコ

順位
+通過
エントリー
ネタ設楽日村三村
大竹松本合計
10位
敗退
やさしいズ
吉本興業
爆弾8587818482419
7位
敗退
マヂカルラブリー
吉本興業
9090859088443
3位
通過
ハナコ
ワタナベ
9394909493464
4位
敗退
さらば青春の光
ザ・森東
予備校9291929494463
8位
敗退
だーりんず
SMA
お会計8885929280437
1位
通過
チョコレートプラネット
吉本興業
監禁9393979897478
9位
敗退
GAG
吉本興業
居酒屋8784849290437
2位
通過
わらふぢなるお
グレープカンパニー
コンビニ9092959695468
5位
敗退
ロビンフット
SMA
結婚相手9293899296462
6位
敗退
ザ・ギース
ASH&D
サイコメトリー9290919392458

レベル高いですが、全体的におじさんカラーが強すぎますねw。ロビンフットとだーりんずがセットで決勝くると思いませんでした(しかも両組SMA)。

ここ数年見たネタの中でも、マヂカルラブリーのこの「傘」ネタは大好きすぎます。準決勝の中でも一番好きなネタでした。

超シンプルな設定で、傘を起点にする着眼点が凄すぎますw。村上さんの声とかいい感じなんですよね。ツーって通りすがるところ、箸休め的な感じで好きですw。7位か。無念。

チョコプラの監禁ネタは、準決勝では長田さんのモニターがなくて声だけで、それがまた面白かったんだけどなーと。TV用に変更したのかもしれないですね。

わらふぢなるおは面白くて、高得点は納得なのですが、漫才っぽくて動きがない。実際M13回戦でも、やっぱりこのネタをしてました。

コントは自由が利くので、もっと色々使ってステージ大きくやって欲しい!

ほら・・・5組から3組にしたから・・・

4位さらば青春の光の2本目が見られなかったじゃないのー!!1本目よりいいから勝負かけてたのにー!!

ラストイヤー・・まさか2本目できずに終わるとは。なんて悲哀な結果。

これまでありがとう、さらば、青春の光。

ファイナルステージ 新感覚第7世代若手の到来

順位エントリー
ネタ設楽日村三村大竹松本2nd1stFINAL TOTAL
優勝ハナコ
ワタナベ
捕まえて9794909695472464936
準優勝わらふぢなるお
グレープカンパニー
超能力9389899390454468922
3位
チョコレートプラネット
吉本興業
棟梁9090888884440478918

わー圧勝。これはいま見直したら、さらに圧勝感。

チョコプラよ・・459点を取れていれば優勝っていうのは、そんなにハードル高くなかったはずなのに・・・・。

松本人志84点が答えの全てでした。

ハナコのこのネタを準決勝で見たときには、色々ついていけない部分があって、「今のなんだったんだろう〜」ってキョトンとした気持ちが強かったですが、それは言い換えると新鮮さと強いハナコセンスなんでしょうね。

新しい世界を見せてくれてありがとう!

改めて見ると、バチっとオチが決まっていて印が押されたように見えました。

(それにしても、KOCはオチでのカメラ角度がいつも納得いかないですw。この年は1本目のマヂカルとか、ハナコの2本目は、その角度じゃない!!怒りすら湧いてきます。)

ここからハナコは売れ路線

霜降り明星と共に第7世代を引っ張っています

何よりネタマシーンで、ネタ番組では被らず毎回新しいネタをしている印象で、「何本ネタあるの!?」といつも思います。

全ネタ工夫もあって安定的に面白くて、岡部くんのスター性や菊田くんの訳わからないキャラの立ち方見ても、超無敵です。

ハナコ、って名前も老若男女覚えやすいなあ。

この優勝は新しい時代の幕開けでもありました。

今振り返れば、平成最後、時代の境目でしたね。

あーー・・・直近を全て振り返ってしまいましたが、ハナコのネタマシーンっぷりを見ると第1回の東京03から勝手に見直したくなってしまいますね。

どうしよう。勝手に悩みだしたところで、

では、また明日。

おーまーけー。

ハナコのOfficial YouTubeチャンネル、ハナチャン。ずっとゲームしてます・・今の子っぽい。

チョコプラのYouTubeチャンネル、チョコレートプラネットチャンネルも人気ですね。6秒クッキングが人気企画です。

わらふぢなるおの事務所は、あのサンドウィッチマンが作ったグレープカンパニー。この事務所の勢いが止まらない。いつかお笑い界を制するのではないかと思います。

事務所のグレープカンパニーチャンネル

あーしかし、サンドウィッチマンは面白い。スターですね。

Please follow and like us: